8月クイズの回答と出題者後記
ヒント今月の問題:上の印鑑はなんとなんと読みますか?
ヒント:昔は剃髪は俗世間からの離脱を意味していました。
つまり聖界への帰依の表明であったと思われます。今では宗教と聞くとかえつて俗っぽい響きを感じてしまい勝ちではないですか?俗世間の真っ只中で苦悶する人(ホームレス、失業、高齢化)たちの表情の端にかすかに感じられる真摯な、無言の、瞬きをする前の一瞬の静止した視線に、苦行僧の聖識(「諦念」と呼ぶのでしょうか?)無常観を感じます。
剃髪にもどりますと、現在では若者の一表現の具体化でしょうか。社会への反目というより、若者の社会への参入の一つの覚悟表明(長髪の時代もあったなぁー)となっています。
私も最近は短髪にしておりますが、これは若さの表明とはいえず、単に禿を隠すカモフラージュの意味合いです。薄汚れや剥落でみすぼらしさが目立つものならいっそ真っ黒に塗りつぶしてしまおうとする真逆の発想、冷笑的、諧謔的、自虐的、暴露的抵抗の手段です。苦心の窮余の一策と申すものです。
ということで、今回のクイズのヒントからは逸脱していますが、最初の二文字が
剃髪の頭からの連想でした。
本題は盛夏の象徴的景色、自然現象です。勿体をつけた大袈裟なところがない正々堂々の盛夏です。
蛇足ですが、二字目は篆刻に馴染まない人には読めない文字でしょう。文字の一部に「首」が含まれます。
三文字目「のし」とみえるものは自然現象の象形文字です。やはり篆刻ではお馴染みの文字です。書の展覧会では書家の落款に使われることが多いです。
---------
印鑑クイズ
今月の印鑑の文字のヒント 今月の課題はなかなか苦戦しているようですので
締め切りに間に合うように大サービス どしどし応募して印鑑ゲットしましょう
一字目は「人」に見えるけど人でなし
二字目は「しんにょう」がつく文字です
三字目は空にむくむく、湯気の巨大なもの?か
印鑑クイズの答え 入道雲 でした