10月分懸賞合格者発表
(おめでとうございました。厳正な抽選の結果以下の5名が合格しました)
当選者には改めてメールにてご通知いたします。必要事項をお書きの上返信ください。
10月クイズ当選者
注意 返信の締め切りは11月25日です。これを過ぎて返信がない場合は無効となります。
中野さま
山光さま
稗田さま
橋本さま
いっこさま
9月クイズの回答と出題者後記

今月の問題:上の印鑑はなんとなんと読みますか?
ヒント:
四語熟語。云っていることがすぐ変わる。辞書によると、法令が次々変わって定まらない、とあります。有言不実行とかの言葉もあります。日本の未来はこの先予断をゆるさない状況ですね。
似たような熟語に「君子豹変」というのもあります。紳士が突然「送り狼」のようになることにもっぱら使われますが、中国の政治思想に「易姓革命」といものがあって、天子(時の支配者)の交代は天命によって決まるというものです。信条、論理の首尾一貫することは信頼の基盤ですが、間違ったことに気がついたら速やかに変更するのも潔いことなのですが、、変節を裏切り行為だときめつける周囲の興奮状態も批判されるのでは、、東洋では無常観というものが染み込んでいて、この世に不変なものはない、時も花も移ろい行くというものです。東洋はうつろいの美学かな?
過去の言葉尻をつかまえて、つるし上げるのがマスコミの使命とうけとめられるところは、いただけない。何をいっているか?って。私も首尾一貫していないことの、自戒です。
回答は: 朝令暮改でした。正解率60%でした。今回はやさしかったようでした。篆書のイメージが楷書に近いことからでしょう。