9月クイズの回答と出題者後記
今月の問題:上の印鑑はなんとなんと読みますか?
ヒント:
.四字熟語。三文字目はむずかしいので、ヒントを差し上げます。竹の節を曲げて作った容器の図の象形文字です。漢字の起原7ページ参照
一筋縄ではない、うろうろ試行錯誤する様子、概して色々困難なことを指します。
直前に聳える立つ山頂もそこへたどり着く道程は一筋ではありません。登山家はたとえ困難が増そうと、自分だけのルートを発見することが夢であり目的のようです、決して山頂へ到着することが目的ではないようです。ヒョットしたら人生の目的もそこへ到達することが目的ではなく、自分なりに辿ったその道程そのものが人生の意義といえるかもしれない。お金とか名声を得ることはその結果であって、、、目的ではない・・・・なんちゃって、こういう心境に落ち着きたいものです。あなたもビル・ゲイツのようになって、熟れたトマトをぶつけられてみたい?来世は、シュワチャンに生まれ変われるものなら、生卵をぶつけられるのをいとわない!ですか?ですよね。
我に艱難辛苦をあたえたまえ!とか。苦痛・困難・忍耐のなかから成功の歓びが生まれるだとか、人間て本来マゾヒストか?
回答は: 紆余曲折 紆余(餘)曲折 でした。余の旧字はなじみがうすいですか、今回は応募数が少なかったです。